Hi [[ session.user.profile.firstName ]]

クラウドベースのセキュリティ対策がもたらすメリットとは?

クラウド技術の進歩によって、多くの企業には新たなITの可能性がもたらされました。Microsoft Office 365やGmailといったクラウドベースのEメールサービスもその1つです。

FireEyeの仮想実行環境テクノロジーであるMVXを活用した「FireEye Email Threat Prevention (以下:ETP)」クラウドは、Eメールをきっかけとして起こる既知の攻撃、未知の攻撃から企業や組織を保護します。

本Webセミナーでは、ETPがMicrosoft Office 365やGmailを活用する企業や組織にどのようにメリットをもたらすのか詳しく解説いたします。
また、セッションの最後には、皆様からのご質問にお答えするQ&Aを設けております。この機会に皆様が日々抱えているセキュリティに関する疑問を解決していただければ幸いです。
Recorded Mar 24 2015 48 mins
Your place is confirmed,
we'll send you email reminders
Presented by
田中 克典(たなか かつのり) - ファイア・アイ株式会社 技術本部 主席技術主幹
Presentation preview: クラウドベースのセキュリティ対策がもたらすメリットとは?
  • Channel
  • Channel profile
  • 攻撃者の動向を踏まえた2017年のセキュリティ予測 Jan 26 2017 8:00 am UTC 90 mins
    岩間 優仁 (いわま まさとみ)執行役副社長 ファイア・アイ株式会社
    セキュリティご担当者様

    昨年2016年は、ランサムウェアが猛威をふるい、またクラウド・サービスを積極的に悪用する攻撃も目立ちました。IoTデバイスがハッキングを受け、大規模なDDoS攻撃により多くの企業が被害を受けたのは予測された通りでした。2016年は多くの企業の経営層にとってサイバー攻撃の脅威を強く感じた年になり、サイバーセキュリティがよりいっそうビジネス上の課題となった年でした。

    2017年は、引き続きランサムウェアが横行するだけでなく、拡大するIoTと、ICS等のサイバーを活用した社会インフラ・サービスへの攻撃が増加するとみられています。また検知が困難なスクリプト型マルウェアへの移行が続くことも予想されます。間違いなく、攻撃者は企業や組織を侵害するために新たな手口を模索し続けてくるでしょう。

    ファイア・アイでは、国家レベルの支援を受ける脅威グループの監視や、様々な業種におけるインシデント・レスポンスの豊富な経験をもとに、2017年のサイバーセキュリティ環境の変化について解説するWebセミナーを実施いたします。本Webセミナーでは、新しい手口による攻撃に対して強化すべきセキュリティ対策や対応策について、独自の視点と脅威解析情報をベースに解説いたします。是非この機会にご聴講ください。

    また本Webセミナーへのお問い合わせは、 marketing-jp@fireeye.comまでお願いいたします。

    当日、皆様とオンラインでお会いできることを楽しみにしております。
  • クラウドベースのセキュリティ対策がもたらすメリットとは? Recorded: Mar 24 2015 48 mins
    田中 克典(たなか かつのり) - ファイア・アイ株式会社 技術本部 主席技術主幹
    クラウド技術の進歩によって、多くの企業には新たなITの可能性がもたらされました。Microsoft Office 365やGmailといったクラウドベースのEメールサービスもその1つです。

    FireEyeの仮想実行環境テクノロジーであるMVXを活用した「FireEye Email Threat Prevention (以下:ETP)」クラウドは、Eメールをきっかけとして起こる既知の攻撃、未知の攻撃から企業や組織を保護します。

    本Webセミナーでは、ETPがMicrosoft Office 365やGmailを活用する企業や組織にどのようにメリットをもたらすのか詳しく解説いたします。
    また、セッションの最後には、皆様からのご質問にお答えするQ&Aを設けております。この機会に皆様が日々抱えているセキュリティに関する疑問を解決していただければ幸いです。
  • 2015年 セキュリティ予測トップ10 Recorded: Jan 22 2015 55 mins
    田中 克典(たなか かつのり) - 主席技術主幹
    2014年は、マイクロソフトのInternet Explorerを使ったゼロデイ攻撃からアップルiOSの脆弱性まで、まさに「セキュリティ侵害の年」といえるほど多くのセキュリティ侵害が世界中で発生しました。

    高度な標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃は、2015年になっても沈静化する気配どころか、ますますその激しさを増していく様相です。新しい年を迎え、企業や組織のセキュリティ対策に取り組む皆様にとって、2015年は何を念頭に置いて対策を検討し、実施していけばよいのでしょうか?
    このWebセミナーでは、標的型攻撃を知りつくしたファイア・アイが2015年のセキュリティにおけるトレンドを予測し、新たな脅威に直面する企業や組織に役立つセキュリティ対策の「ガイド」をまとめます。ぜひ、Webセミナーにご参加いただき、標的型攻撃に関する以下の最新情報をご覧ください。
    •2015年におけるセキュリティ予測トップ10が皆様の組織にもたらすインパクトは?
    •なぜそのような予測になるのか?―最新のセキュリティトレンドについて
    •高度な標的型攻撃に事前に対処するためのキーとなるストラテジーとは?

    セッションの最後には、皆様からのご質問にお答えするQ&Aを設けております。
FireEye Japan
FireEye Japan

Embed in website or blog

Successfully added emails: 0
Remove all
  • Title: クラウドベースのセキュリティ対策がもたらすメリットとは?
  • Live at: Mar 24 2015 8:30 am
  • Presented by: 田中 克典(たなか かつのり) - ファイア・アイ株式会社 技術本部 主席技術主幹
  • From:
Your email has been sent.
or close