Hi [[ session.user.profile.firstName ]]

攻撃者の動向を踏まえた2018年セキュリティ予測

セキュリティご担当者 各位

年初恒例のファイア・アイによるセキュリティ予測に関するWebセミナーを開催いたします。「未来のことは誰にもわからない」とよく言われますが、サイバー・セキュリティに関してはサイバー攻撃や犯罪行為が今年も猛威を振るうと予想されています。2018年のセキュリティ予測 をご紹介する本Webセミナーでは、昨年の予測を振り返るとともに、国家支援を受けたサイバー攻撃の今後の動向や、クラウドやIoT、仮想通貨など普及が進むテクノロジーにおける脅威、そして新しい法規制によるサイバーセキュリティへの影響など、盛りだくさんの内容でお届けします。
年始のお忙しい中とは存じますが、ファイア・アイによる2018年セキュリティ予測に関するWebセミナーをご聴講いただき、今年のセキュリティ対策にお役立ていただければ幸いです。
Recorded Jan 26 2018 42 mins
Your place is confirmed,
we'll send you email reminders
Presented by
Fire Eye Japan
Presentation preview: 攻撃者の動向を踏まえた2018年セキュリティ予測
  • Channel
  • Channel profile
  • M-Trends 2018: セキュリティ最新動向ウェブセミナー Recorded: May 24 2018 43 mins
    FireEye Japan
    ファイア・アイのコンサルティング部門Mandiantチームでは、最新のセキュリティ動向を毎年「M-Trendsレポート」としてまとめています。このレポートは、Mandiantチームが実際に実施したインシデント対応調査データに基づいており様々な示唆に富んだ内容を含みます。企業や組織のセキュリティ部門やIT部門の方が、今後セキュリティ対策の強化に向けてどのような点を考慮し注目するべきかのヒントとして、お役立ていただけます。
    このウェブセミナーでは、M-Trends 2018レポートのキーポイントを解説いたします。ぜひご参加いただき、今後のセキュリティ対策にお役立てください。

    ■主なトピック
    ・発生から検知までに要した日数
    ・新たに命名されたAPT攻撃グループ
    ・攻撃対象となる業種のトレンド
    ・見えないリスク

    本ウェブセミナーへのお問い合わせは、japan@fireeye.comまでお願いいたします。
  • APT37北朝鮮ハッカーの脅威分析 ウェブセミナー Recorded: Mar 16 2018 43 mins
    Takeharu Yamaguchi Senior Director, Mandiant Consulting – Japan and Korea
    セキュリティご担当者 各位

    北朝鮮政府の支援を受けているとされるハッカー集団APT37は、これまで世界的にはあまり注目を浴びていませんでした。しかし、このグループの活動は既に国境を超えて中東、ベトナム、日本等に範囲を拡大し、最近使用されているゼロデイ攻撃は無視できないほど脅威を増しています。
    ファイア・アイでは、2015年からこのAPT37 をTEMP.Reaperとして追跡しており、彼らの手法やターゲットについてより深く理解するに至っています。

    つきましては、来る3月16日(金)午前11時より、この最新の脅威情報に関するレポートを解説するウェブセミナーを開催いたします。韓国のみならず日本にも範囲を拡大しているAPT37について詳しく知る機会となっています。
    ふるってご参加下さい。
  • 攻撃者の動向を踏まえた2018年セキュリティ予測 Recorded: Jan 26 2018 42 mins
    Fire Eye Japan
    セキュリティご担当者 各位

    年初恒例のファイア・アイによるセキュリティ予測に関するWebセミナーを開催いたします。「未来のことは誰にもわからない」とよく言われますが、サイバー・セキュリティに関してはサイバー攻撃や犯罪行為が今年も猛威を振るうと予想されています。2018年のセキュリティ予測 をご紹介する本Webセミナーでは、昨年の予測を振り返るとともに、国家支援を受けたサイバー攻撃の今後の動向や、クラウドやIoT、仮想通貨など普及が進むテクノロジーにおける脅威、そして新しい法規制によるサイバーセキュリティへの影響など、盛りだくさんの内容でお届けします。
    年始のお忙しい中とは存じますが、ファイア・アイによる2018年セキュリティ予測に関するWebセミナーをご聴講いただき、今年のセキュリティ対策にお役立ていただければ幸いです。
  • 【2月2日公開】エンドポイントセキュリティの強化「防御」にとどまらない対策 Webセミナー Recorded: Jan 26 2018 29 mins
    Fire Eye Japan
    セキュリティご担当 各位

    ご存知の通り、昨今のサイバー攻撃では防御する側が圧倒的に不利な立場におかれます。攻撃者はネットワークに侵入する際にエンドポイント1台を侵害するだけで済むのに対し、防御側はすべてのエンドポイントを保護して攻撃者の侵入を防がなければならないからです。また、攻撃に使われる技術は日々進化しています。こうした高度な脅威に対応するためには、防御を強化する統合的なエンドポイント・ソリューションが必要になっています。

    つきましては、来る2月2日(金)、午前11:00より、「エンドポイント・セキュリティの強化ー防御にとどまらない対策」と題し、現在のエンドポイントにおける脅威の状況と、万一侵害されても被害を出さないための対策についてご紹介するWebセミナーを実施いたします。お忙しい中とは存じますが、ぜひ当Webセミナーをご受講いただき、御社のエンドポイント・セキュリティ対策の強化にお役立ていただければ幸いです。

    *登録の日付が1月26日になっておりますが、2月2日より公開になります。
  • 【パートナー様向けWebセミナー】 FireEye NX 最新バージョン OS 8.0のご紹介と 提案のポイント Recorded: Dec 14 2017 38 mins
    FireEye Japan
    ファイア・アイ製品の販売に携わるパートナー、リセラーの皆様
    日頃より、ファイア・アイの製品およびサービスの販売、サポートのご支援を賜り誠にありがとうございます。

    このたび、Web脅威対策製品である「FireEye NX シリーズ」の最新バージョン「OS 8.0」 がリリースされました。今回のバージョンでは、侵害後の水平展開の動きを検知できる「スマートビジョン」やアナリストの解析を支援するアラート画面の刷新など、他社製品と比べ格段に強力なセキュリティ機能が搭載されています。また、OS 8.0の性能を最大限に引き出す最新ハードウェアプラットフォームも合わせてリリースされます。
    つきましては、下記の通り、OS 8.0の新機能について詳細、および導入例やキャンペーン情報などをご紹介するWebセミナーを開催いたします。
    12月のお忙しい中とは存じますが、ぜひ本Webセミナーにご参加ください。また、当開催情報につきましては社内で共有いただき、より多くの営業ご担当またはSEの方にもご案内いただけましたら幸いです。
  • 【最新機能が満載】ファイア・アイWeb脅威対策製品「FireEye NX」まるわかりWebセミナー Recorded: Dec 14 2017 41 mins
    FireEye Japan
    セキュリティご担当の皆様

    昨今のセキュリティ攻撃は、ますます高度化が進んでいます。企業、組織のお客様がこうした脅威に対抗するべく、ファイア・アイのWeb脅威対策製品「FireEye NX」はどんどん進化をしています。


    この10月にリリースされた最新バージョンでは、侵害後の水平展開の動きを検知できる「スマートビジョン」やアナリストの解析を支援するアラート画面の刷新など、他社製品と比べ格段に強力なセキュリティ機能が搭載されています。また、新バージョンの性能を最大限に引き出す最新ハードウェアプラットフォームも合わせてリリースされます。


    つきましては、下記の通り、FireEye NXの最新機能で何ができるようになり、どういった脅威対策が可能になるのかを紹介するWebセミナーを開催いたします。

    本セミナーでは、ファイア・アイの会社概要、サンドボックス技術について、FireEye NXの基本機能を紹介した後、最新機能をわかりやすく解説します。標的型攻撃対策のポイントやファイア・アイの優位性などもお話させていただきますので、新たにセキュリティ担当になられた方、最新の脅威対策について知りたい方に最適な内容となっています。ふるってご参加ください。
  • M-TRENDS 2017: 最新トレンド:進化するサイバーセキュリティ侵害と攻撃 Recorded: May 17 2017 27 mins
    岩間 優仁 (いわま まさとみ), ファイア・アイ株式会社, 執行役 副社長
    セキュリティご担当者様

    昨年の攻撃トレンドを振り返ると、セキュリティ脅威の高度化がかなりのスピードで進んでいます。中でも金融系をターゲットとする攻撃グループは、検知や調査、被害の復旧が困難なレベルにまで攻撃の戦術、技術、手順などを進化させています。
    2017年『M-Trends 2017』は、FireEyeのコンサルティング部門であるMandiantにより、2016年に調査したセキュリティ・インシデントの見直しを図り、グローバルレベルと各地域レベルの両方で、攻撃・防御・その他の最新トレンドを分析しました。
    また、昨年に引き続きFireEye as a Service(FaaS)チームの知見も盛り込みました。特に、世界最大のエレクトロニクス産業の拠点である日本では、その先端技術を含む知的財産や機密時情報が狙われています。
    日本を含むアジア太平洋地域(APJ)では、以下について取り上げています。
    ・エンジニアリング分野での先進国が持つ最新技術を狙った攻撃
    ・各種マルウェアによるATM/ATMネットワークに対する攻撃の急増
    ・国家レベルのAPT攻撃グループによる金融機関および官公庁の脆弱システムへの侵入

    Web セミナー:M-Trends 2017
    開催日:2017年5月17日(水)午後5時スタート
    講演者:岩間 優仁(いわま まさとみ)
    ファイア・アイ株式会社 執行役副社長

    本Websセミナーへのお問い合わせは、marketing-jp@fireeye.comまでお願いいたします。
    当日、皆様とオンラインでお会いできることを楽しみにしております。

    ファイア・アイ株式会社
  • 攻撃者の動向を踏まえた2017年のセキュリティ予測 Recorded: Jan 26 2017 52 mins
    岩間 優仁 (いわま まさとみ)執行役副社長 ファイア・アイ株式会社
    セキュリティご担当者様

    昨年2016年は、ランサムウェアが猛威をふるい、またクラウド・サービスを積極的に悪用する攻撃も目立ちました。IoTデバイスがハッキングを受け、大規模なDDoS攻撃により多くの企業が被害を受けたのは予測された通りでした。2016年は多くの企業の経営層にとってサイバー攻撃の脅威を強く感じた年になり、サイバーセキュリティがよりいっそうビジネス上の課題となった年でした。

    2017年は、引き続きランサムウェアが横行するだけでなく、拡大するIoTと、ICS等のサイバーを活用した社会インフラ・サービスへの攻撃が増加するとみられています。また検知が困難なスクリプト型マルウェアへの移行が続くことも予想されます。間違いなく、攻撃者は企業や組織を侵害するために新たな手口を模索し続けてくるでしょう。

    ファイア・アイでは、国家レベルの支援を受ける脅威グループの監視や、様々な業種におけるインシデント・レスポンスの豊富な経験をもとに、2017年のサイバーセキュリティ環境の変化について解説するWebセミナーを実施いたします。本Webセミナーでは、新しい手口による攻撃に対して強化すべきセキュリティ対策や対応策について、独自の視点と脅威解析情報をベースに解説いたします。是非この機会にご聴講ください。

    また本Webセミナーへのお問い合わせは、 marketing-jp@fireeye.comまでお願いいたします。

    当日、皆様とオンラインでお会いできることを楽しみにしております。
  • クラウドベースのセキュリティ対策がもたらすメリットとは? Recorded: Mar 24 2015 48 mins
    田中 克典(たなか かつのり) - ファイア・アイ株式会社 技術本部 主席技術主幹
    クラウド技術の進歩によって、多くの企業には新たなITの可能性がもたらされました。Microsoft Office 365やGmailといったクラウドベースのEメールサービスもその1つです。

    FireEyeの仮想実行環境テクノロジーであるMVXを活用した「FireEye Email Threat Prevention (以下:ETP)」クラウドは、Eメールをきっかけとして起こる既知の攻撃、未知の攻撃から企業や組織を保護します。

    本Webセミナーでは、ETPがMicrosoft Office 365やGmailを活用する企業や組織にどのようにメリットをもたらすのか詳しく解説いたします。
    また、セッションの最後には、皆様からのご質問にお答えするQ&Aを設けております。この機会に皆様が日々抱えているセキュリティに関する疑問を解決していただければ幸いです。
  • 2015年 セキュリティ予測トップ10 Recorded: Jan 22 2015 55 mins
    田中 克典(たなか かつのり) - 主席技術主幹
    2014年は、マイクロソフトのInternet Explorerを使ったゼロデイ攻撃からアップルiOSの脆弱性まで、まさに「セキュリティ侵害の年」といえるほど多くのセキュリティ侵害が世界中で発生しました。

    高度な標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃は、2015年になっても沈静化する気配どころか、ますますその激しさを増していく様相です。新しい年を迎え、企業や組織のセキュリティ対策に取り組む皆様にとって、2015年は何を念頭に置いて対策を検討し、実施していけばよいのでしょうか?
    このWebセミナーでは、標的型攻撃を知りつくしたファイア・アイが2015年のセキュリティにおけるトレンドを予測し、新たな脅威に直面する企業や組織に役立つセキュリティ対策の「ガイド」をまとめます。ぜひ、Webセミナーにご参加いただき、標的型攻撃に関する以下の最新情報をご覧ください。
    •2015年におけるセキュリティ予測トップ10が皆様の組織にもたらすインパクトは?
    •なぜそのような予測になるのか?―最新のセキュリティトレンドについて
    •高度な標的型攻撃に事前に対処するためのキーとなるストラテジーとは?

    セッションの最後には、皆様からのご質問にお答えするQ&Aを設けております。
FireEye Japan
FireEye Japan

Embed in website or blog

Successfully added emails: 0
Remove all
  • Title: 攻撃者の動向を踏まえた2018年セキュリティ予測
  • Live at: Jan 26 2018 8:00 am
  • Presented by: Fire Eye Japan
  • From:
Your email has been sent.
or close