セキュリティ・テストにおけるファジングの位置づけ、開発工程への組み込みとテストの効率化

Logo
Presented by

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア インテグリティ グループ シニアセールスエンジニア 中野哲也

About this talk

ファジングは、アプリケーションの意図しない挙動や不具合を検出する強力なテスト手法です。ペンテストとの比較からファジングが開発工程のどこで実施すべき手法かを整理し、いくつかのプロトコルを例にファジングの環境構築、開発工程への組み込み、テスト効率化の手法も解説します。 主な内容 - ペンテストとの比較によるファジング適用工程 - WeynToothでみるファジング結果解析方法 - ファズ試験自動化に向けた環境構築と結果解析など開発工程への組み込み - シノプシスが提供するツール・サービス - Q&A

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (10)
On-demand talks (120)
Subscribers (37041)
Synopsys Software Integrity Group provides integrated solutions that transform the way development teams build and deliver software, accelerating innovation while addressing business risk. Our industry-leading portfolio of software security products and services is the most comprehensive in the world and interoperates with third-party and open source tools, allowing organizations to leverage existing investments to build the security program that’s best for them. Only Synopsys offers everything you need to build trust in your software.