商用ソフトウェア資産に含まれるOSSとそのリスクの現状 - 2020年版レポートに基づく分析と提言

Logo
Presented by

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア インテグリティ グループ シニアセールスエンジニア 吉井雅人

About this talk

シノプシスのオープンソース・セキュリティ&リスク分析レポート2020年版は、 世界中のエンタープライズ企業、医療、金融、通信インフラ等の17業種、1,250を超える商用のコードベースに含まれるOSSを監査した結果から得られたOSSの利用状況とリスクの現状と分析をまとめたレポートの最新版です。 ソフトウェア開発や商用ソフトウェアでのOSS利用は急速に拡大しており、保有資産に含まれるOSSとリスクの把握は益々大きな課題になっています。 最新版レポートをベースにOSS利用とリスクの現状の整理、管理の方法と課題、シノプシスが提案する確実で効率的な管理を実施する方法を紹介するセミナーを実施します。 主な内容 - 今多く使われるOSSの傾向と、脆弱性やライセンスのリスクの現状解説 - OSSとそのリスクを適切に管理するための手法と課題の整理 - シノプシスが提案する確実・効率的にOSSを管理する方法 - Q&A

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (9)
On-demand talks (121)
Subscribers (37193)
Synopsys Software Integrity Group provides integrated solutions that transform the way development teams build and deliver software, accelerating innovation while addressing business risk. Our industry-leading portfolio of software security products and services is the most comprehensive in the world and interoperates with third-party and open source tools, allowing organizations to leverage existing investments to build the security program that’s best for them. Only Synopsys offers everything you need to build trust in your software.