TCFDに基づく気候関連リスクの開示 - 脱炭素社会に向けた移行・機会と資産運用

Logo
Presented by

Responsible Investor with FTSE Russell

About this talk

This webinar will be broadcast in Japanese. 開催日時:2021年12月9日(木) 日本時間 午後1時-2時 世界的な気候変動リスク・地球温暖化と、脱炭素の流れの中でCOP26が終了し、各国が2050年カーボンニュートラルに向けて動きを加速し始めました。企業は気候リスクが将来のビジネスに与えるリスクおよび機会を経営戦略として考慮することが必須となり、TCFD等にしたがって開示することが求められるようになっています。日本でも2022年4月からスタートする東京証券取引所の新市場区分においてプライムに属する企業に対して、TCFDに準拠した気候リスク・収益機会の開示をおこなうことがコーポレート・ガバナンス・コードに盛り込まれました。企業にとって、TCFDに基づく気候変動リスクの開示や脱炭素に向けた移行・機会にどう対応すべきか、投資家は投資ポートフォリオにおける気候変動リスクと機会をどう考えるべきか、運用者は気候変動リスクを考慮してどのような投資商品を投資家に提供していくのかなどが喫緊の課題となっています。こうした課題の最前線に立つ様々な分野の専門家をお迎えし、脱炭素社会に向けた移行・機会と資産運用について、ロンドン証券取引所グループ傘下のインデックス・プロバイダーであるFTSE Russell が、オンラインセミナーを行います。 アジェンダ: 1. オープニング FTSE Russell 日本代表 多湖 理 2. ビデオメッセージ Transition Pathway Initiative (TPI)会長 兼 英国国教会年金理事会(CEPB)最高投資責任者 アダム マシューズ様 3. プレゼンテーション “低炭素への移行をパッシブポートフォリオにと入り入れる - FTSE TPI Climate Transition インデックス” FTSE Russell サステナブル投資部門 日本代表 森敦仁 4. パネルディスカッション “TCFDに基づく気候関連リスクの開示 - 脱炭素社会に向けた移行・機会と資産運用” パネリスト: 第一生命保険株式会社 責任投資推進部長 石井博子 様 野村アセットマネジメント株式会社  責任投資調査部 シニアESGスペシャリスト 山我哲平 様 KPMG あずさサステナビリティ株式会社 アシスタントマネジャー  岩井美緒 様 モデレーター: FTSE Russell サステナブル投資部門 日本代表 森敦仁  ※ 同業他社のお申込みはお断りさせて頂きます。
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (1)
On-demand talks (147)
Subscribers (48498)
From the publishers of responsible-investor.com, the RI Webinars channel focuses on responsible investing, ESG and sustainable finance for institutional investors and companies. We also produce a number of industry leading in-person events including: RI Europe, RI Canada, RI USA, RI Japan and RI Asia.