生成AIが活用される時代に求められるセキュリティとは CISOパネルディスカッション「今後3年間でCISOが行うべきことは何か」

Logo
Presented by

Takahashi Masakazu, CISSP; Kawano Shoji, CISSP; Kiriyama Hayato, CISSP; Oguma Keiichiro, CISSP

About this talk

生成AIの動向とセキュリティへの影響 ~大衆化する専門性への懸念と期待~ Preferred Networks 高橋 正和, CISSP ChatGPTをはじめとした生成AIが活発に利用され、セキュリティ領域においても、攻撃者が生成AIを悪用することに伴う新たなリスクの発現、既存リスクの拡大や深刻化が懸念されています。 本講演では、まず、生成AIの概要として、構成や構造、ブレークスルーがどこにあるかを解説します。また、生成AIに伴う脅威については、CSAやOWASPが公表した資料を考察し、生成AIに関わるセキュリティ上の懸念について解説します。 CISOパネルディスカッション「今後3年間でCISOが行うべきことは何か」 Preferred Networks 高橋 正和, CISSP 日本マイクロソフト 河野 省二, CISSP 株式会社サイバーセキュリティクラウド 桐山 隼人, CISSP 生成AIを活用し、企業におけるITシステムの使い方も変化していくと考えられます。今後3年間を考えたときに、CISOがすべきことについてディスカッションします。 モデレーター ISC2 Director of Business Development, Japan 小熊 慶一郎, CISSP
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (11)
On-demand talks (453)
Subscribers (68617)
Looking for expertise and information to advance your career and tackle your challenges? Subscribe and join us for the educational webinars in APAC time zone. Earn CPEs quickly and at no cost by attending webinars: 1 hour of webinar equals 1 CPE. We welcome members and non members alike.