たった140行のコードで、本格的な桜の開花モデルを作ってみた話。

Logo
Presented by

宮崎 真 データサイエンティスト@Dataiku

About this talk

− データサイエンティストまで、企業のデータ活用を促進するAIと機械学習のプラットフォーム Dataiku − Dataikuは、アナリストからデータサイエンティストまであらゆる人が利用しコラボレーションできるAIと機械学習のためのプラットフォームです。 本セミナーでは、少し時期外れになりますが、桜の開花予測モデルの開発過程を通して、Dataikuをご紹介します。モデル開発のために書いたコードはわずか140行。フローチャートや自動化機能を合わせて使うことにより、データ準備やモデルの開発が効率的に行えます。 Dataikuとは: 世界をリードするAIと機械学習のプラットフォームです。コラボレーションと弾力性、そして責任あるAIを介し、組織のデータへの取り組みにおけるアジリティーを、すべてエンタープライズ規模でサポートします。数百もの企業がDataikuを利用して事業運営の根幹を支え、変化する世界の中で自社のプレゼンスを維持しています。 www.dataiku.com/ja/ ■ 講師プロフィール 宮崎 真 www.linkedin.com/in/makoto-miyazaki Dataikuのデータサイエンティスト。製薬や自動車など、様々な業界のクライアント企業がデータドリブンな組織になるための支援をより現場に近いところでしています。2019年にDataikuに入社する前は日本経済新聞の記者として約6年間、東京から地方まで取材現場を駆け回っていました。 Dataikuについてお問い合わせはこちらよりお願いいたします。 https://www.dataiku.com/ja/お問い合わせ/
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (0)
On-demand talks (265)
Subscribers (55758)
Dataiku is the world’s leading platform for Everyday AI, systemizing the use of data for exceptional business results. Organizations that use Dataiku elevate their people (whether technical and working in code or on the business side and low- or no-code) to extraordinary, arming them with the ability to make better day-to-day decisions with data. More than 450 companies worldwide use Dataiku to systemize their use of data and AI, driving diverse use cases from fraud detection to customer churn prevention, predictive maintenance to supply chain optimization, and everything in between.