Dataikuでつくるデータパイプライン③ AIのビジネス活用に不可欠なMLOpsの実現

Logo
Presented by

宮崎 真 データサイエンティスト@Dataiku

About this talk

データパイプラインとは、データの取込からデータ準備、分析・可視化までの一連のプロセスを繰り返し利用できるように自動化したフローです。Dataikuは、データサイエンティストだけでなくデータエンジニアやビジネスユーザーなど、データ活用に関わるあらゆるタイプのユーザーが、同じプラットフォームでデータパイプラインを共有することが可能です。 本セッションでは、モデルのデプロイから、運用時のモニタリング、再学習まで、AIを実際にビジネスに適用する際に不可欠なMLOpsをDataikuでどのように実現できるか、デモを交えてご紹介します。 ■ 講師プロフィール 宮崎 真 www.linkedin.com/in/makoto-miyazaki Dataikuのデータサイエンティスト。製薬や自動車など、様々な業界のクライアント企業がデータドリブンな組織になるための支援をより現場に近いところでしています。2019年にDataikuに入社する前は日本経済新聞の記者として約6年間、東京から地方まで取材現場を駆け回っていました。 Dataikuについてお問い合わせはこちらよりお願いいたします。 https://www.dataiku.com/ja/お問い合わせ/

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (1)
On-demand talks (434)
Subscribers (52083)
Dataiku is the world’s leading platform for Everyday AI, systemizing the use of data for exceptional business results. Organizations that use Dataiku elevate their people (whether technical and working in code or on the business side and low- or no-code) to extraordinary, arming them with the ability to make better day-to-day decisions with data. More than 450 companies worldwide use Dataiku to systemize their use of data and AI, driving diverse use cases from fraud detection to customer churn prevention, predictive maintenance to supply chain optimization, and everything in between.