日々の業務でAIを活用するためにテクノロジーに求められる機能や要件とは

Logo
Presented by

桂井 良太 @Dataiku

About this talk

近い将来、AIの活用はあらゆる日々の業務で当たり前になるでしょう。その波に遅れることのないよう社内でのAI活用を進めるにはどうしたら良いでしょうか。全社員がRやPythonの技術を身につけたり、さまざまな環境で開発・デプロイされたAIモデルを業務アプリケーションとして運用・管理するのは現実的ではありません。 AI活用企業に必要なのは適切なテクノロジーを統合したプラットフォームです。テクノロジーの進化、AI利用規模の拡大、ユーザーの多様化、運用と管理、ガバナンスなどを見越して、これを導入しなくてはなりません。本セッションでは、AI活用を企業レベルに拡大していくために必要な機能や要件をご紹介します。貴社に必要なテクノロジーやプラットフォームを評価するためのRFPの作成にお役立てください。 ■ 講師プロフィール 桂井 良太 マーケット・デベロップメント ディレクターとしてDataikuの日本市場進出を担当。前職のClarizenでは日本市場の責任者としてソリューションの販売から導入・サポートを担当。それ以前はスカイライトコンサルティング株式会社のマネージャーとして8年間グローバルプロジェクトのPMとして活躍。 Dataikuについてお問い合わせはこちらよりお願いいたします。 https://www.dataiku.com/ja/お問い合わせ/

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (5)
On-demand talks (398)
Subscribers (50434)
Dataiku is the world’s leading platform for Everyday AI, systemizing the use of data for exceptional business results. Organizations that use Dataiku elevate their people (whether technical and working in code or on the business side and low- or no-code) to extraordinary, arming them with the ability to make better day-to-day decisions with data. More than 450 companies worldwide use Dataiku to systemize their use of data and AI, driving diverse use cases from fraud detection to customer churn prevention, predictive maintenance to supply chain optimization, and everything in between.