BIによる見える化にAIによる予測を加え、守りの意思決定から攻めの意思決定に

Logo
Presented by

中村 祐樹 @ Dataiku

About this talk

多くの企業がBIによる見える化で、意思決定にデータを活用しています。そこに、予測の力が加わったらどうでしょうか。機会損失や在庫ロスを防いだり、リソースをより適切に活用できるなど、より大きなビジネス成果が期待できます。 BIはユーザーフレンドリーなツールにより爆発的に普及しました。予測モデルを構築するためのAIも、いまや高度なGUIやAutoMLによりデータサイエンティストだけでなくビジネスユーザーにも使いこなせるテクノロジーへと進化しています。 本セッションでは、BIによる可視化に加えAIを活用するメリット、ビジネスユーザーに適したAIツールについてご紹介します。 ■講師プロフィール 中村 祐樹/金融・通信・エネルギー営業部 部長 日本市場にて、金融・通信・エネルギー業界を担当。Dataiku入社前は、東京海上日動火災保険を経て、Tableau Softwareにて7年間、営業としてマーケット拡大に貢献。日本法人の初期フェーズから、規模・業界問わず多くのお客様に対してデータリテラシーの底上げを図り、データドリブンな意思決定ができるように支援してきた。自らもデータ分析スキルを磨いており、現在はG検定取得のため猛勉強中。 Dataikuについてお問い合わせはこちらよりお願いいたします。 https://www.dataiku.com/ja/お問い合わせ/

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (4)
On-demand talks (404)
Subscribers (51166)
Dataiku is the world’s leading platform for Everyday AI, systemizing the use of data for exceptional business results. Organizations that use Dataiku elevate their people (whether technical and working in code or on the business side and low- or no-code) to extraordinary, arming them with the ability to make better day-to-day decisions with data. More than 450 companies worldwide use Dataiku to systemize their use of data and AI, driving diverse use cases from fraud detection to customer churn prevention, predictive maintenance to supply chain optimization, and everything in between.