いかにしてソフトウェアのセキュリティを向上させるか? 最新のBSIMMレポートから読み解くソフトウェア・セキュリティをめぐる 現状と改善のための活動

Logo
Presented by

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア インテグリティ グループ セキュリティコンサルティング マネージングプリンシパル 大森健史

About this talk

ソフトウェア開発におけるセキュリティの重要度は益々高まっています。 自社のセキュリティ対策はどの程度十分といえるか、どの様にロードマップを敷いて改善に取り組むべきか、こうした悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。 シノプシスのBSIMM(セキュア開発成熟度モデル)は各国の企業・組織のソフトウェア・セキュリティの取り組みをデータ化し、それらと比較することで参考にすべきソフトウェア・セキュリティの取り組み、自社の立ち位置と改善ロードマップ策定に役立てるプログラムです。 最新のBSIMMから見えるソフトウェア・セキュリティの動向と、改善のための利用例を紹介するセミナーを実施します。 主な内容 - ソフトウェア・セキュリティの最新トレンド、シフトレフトのその先? - BSIMMから見えた業種ごとのソフトウェア・セキュリティの特長 - BSIMMの進め方と、改善活動への応用 - Q&A
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (2)
On-demand talks (88)
Subscribers (6627)
シノプシスのソフトウェア インテグリティ グループは、企業の安全で高品質なソフトウェアの構築と、リスクを最小限にしつつスピードと生産性の最大化させることに貢献します。シノプシスは、アプリケーション・セキュリティのリーダーであり、静的解析、ソフトウェア・コンポジション解析、動的解析ソリューションを提供しており、独自のコード、オープンソース・コンポーネント、およびアプリケーションの動作における脆弱性や不具合を迅速に見つけて修正するためのツール、ペネトレーションテストや静的解析、動的診断サービス、セキュア開発のeラーニング提供、コンサルティングなど総合的なサービスとツールを提供しています。