オートモーティブ・サイバーセキュリティ・プロセスに統合したファジング・テストの活用法

Presented by

ZF Friedrichshafen AG 自動運転ITセキュリティ エンジニア ニコ・フィンゼンツ、日本シノプシス合同会社 ソフトウェア インテグリティ グループ シニアソリューションアーキテクト 岡デニス健五

About this talk

自動車のシステムはますます複雑化し、相互に接続されているため、サイバー攻撃にさらされやすくなっています。脆弱性を発見し修正するために、最新のサイバーセキュリティ・ツールとプロセスが不可欠です。ファジング・テストは開発段階の終盤にのみ適用するのではなく、開発プロセスに組み込んでテストを自動化することにより、さらにセキュアなエンジニアリング・プロセスを確立することができます。 本セッションでは、ZF社がファジング・テストをどのようにサイバーセキュリティ・プロセスに組み込むことができるのか、具体的な手順や活動、テスト環境の例などをご紹介します。また、シノプシスがユーザーの開発環境とプロセスにツールを統合するためにどのようなお手伝いができるのかについても、ぜひこちらでご確認ください。 主な内容 - 従来の自動車のサイバーセキュリティ・エンジニアリング・プロセス - ファジング・テストによるセキュリティの向上 - ファジング・テスト統合後の進化したプロセス - Q&A ※本セッションは日本語で行います。

Related topics:

About this channel

シノプシス ソフトウェア インテグリティ グループ
Upcoming talks (4)
On-demand talks (72)
Subscribers (3031)
シノプシスのソフトウェア インテグリティ グループは、企業の安全で高品質なソフトウェアの構築と、リスクを最小限にしつつスピードと生産性の最大化させることに貢献します。シノプシスは、アプリケーション・セキュリティのリーダーであり、静的解析、ソフトウェア・コンポジション解析、動的解析ソリューションを提供しており、独自のコード、オープンソース・コンポーネント、およびアプリケーションの動作における脆弱性や不具合を迅速に見つけて修正するためのツール、ペネトレーションテストや静的解析、動的診断サービス、セキュア開発のeラーニング提供、コンサルティングなど総合的なサービスとツールを提供しています。