動的テストもシフトレフト! 早めのセキュリティテストで堅牢なアプリケーション開発

Presented by

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア・インテグリティ・グループ セールス・ エンジニア 華山 達也

About this talk

近年CI/CDやDevOps等の開発プロセスの効率化が求められていますが、Webアプリケーション診断等の動的テストを実行するには以下の課題があります。 - 開発プロセスの後段に実施されるため開発者へのフィードバックが遅い - 近年のアプリケーションの複雑化に伴い、原因特定および修正に時間を要する インタラクティブ・アプリケーション・セキュリティ・テスト(IAST)ではこれらの課題を解決しつつ、効率的に実行時の脆弱性検出が可能となります。 本Webinarでは上記の課題に焦点を当てつつ、SynopsysのIASTソリューションであるSeekerをご紹介します。 主な内容 • 動的テストの課題 • IASTの概要と特徴 • Seekerの説明と自動テストのデモンストレーション • Q&A

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (2)
On-demand talks (81)
Subscribers (3510)
シノプシスのソフトウェア インテグリティ グループは、企業の安全で高品質なソフトウェアの構築と、リスクを最小限にしつつスピードと生産性の最大化させることに貢献します。シノプシスは、アプリケーション・セキュリティのリーダーであり、静的解析、ソフトウェア・コンポジション解析、動的解析ソリューションを提供しており、独自のコード、オープンソース・コンポーネント、およびアプリケーションの動作における脆弱性や不具合を迅速に見つけて修正するためのツール、ペネトレーションテストや静的解析、動的診断サービス、セキュア開発のeラーニング提供、コンサルティングなど総合的なサービスとツールを提供しています。