あらゆるモノがネットワークに繋がる時代 ―品質・セキュリティを開発プロセスに組み込もう

Presented by

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア・インテグリティ・グループ シニア・セールス・ エンジニア 勝岡 宣彦

About this talk

※こちらのセミナーは2021年7月にET & IoT West 2021 にて発表された同タイトルのものと同じ内容のものとなります。ご質問がございましたら、Ask a questionのウィンドウまたはAttachmentsタブの中のお問合せフォームのリンクからお送りください。担当の者より回答させていただきます。 あなたが開発に携わっている組み込み・IoTデバイスはスタンドアローンで動いていますか?おそらく他の機器とイーサネット、WiFi、Bluetooth等で繋がり、サービスやシステム全体の中の重要な一部として動いているはずです。そのデバイスが脆弱であるが故にサービス全体を脆弱にしてしまう恐れがあります。それを防ぐために、米国CPSQレポートを参考にソフトウェアの低品質によるコストと技術的負債とビジネスへの影響を確認し、従来の品質ベースの開発にセキュリティも組み込み、今後益々高まる品質およびセキュリティ要件に対応できる開発プロセス(DevQualOps/DevSecOps)を考えてみましょう。 主な内容 - ソフトウェアの品質とセキュリティについて - 低品質ソフトウェアが何をもたらすのか? - シノプシスの品質・セキュリティソリューション - まとめ

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (2)
On-demand talks (81)
Subscribers (3499)
シノプシスのソフトウェア インテグリティ グループは、企業の安全で高品質なソフトウェアの構築と、リスクを最小限にしつつスピードと生産性の最大化させることに貢献します。シノプシスは、アプリケーション・セキュリティのリーダーであり、静的解析、ソフトウェア・コンポジション解析、動的解析ソリューションを提供しており、独自のコード、オープンソース・コンポーネント、およびアプリケーションの動作における脆弱性や不具合を迅速に見つけて修正するためのツール、ペネトレーションテストや静的解析、動的診断サービス、セキュア開発のeラーニング提供、コンサルティングなど総合的なサービスとツールを提供しています。