ソフトウェア・サプライチェーンにおけるOSSのリスク管理

Presented by

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア インテグリティ グループ シニア セールス エンジニア 吉井雅人

About this talk

オープンソース・ソフトウェア(OSS)の活用なしにソフトウェアの開発は不可能と言って良いくらい、現在ではOSSの利用が進んでいます。サプライチェーンにおいてもOSSのリスク管理は重要となっており、それを管理する手段としてSBOM(ソフトウェア部品表)が注目されています。2021年5月に署名されたサイバーセキュリティを強化する大統領令でもSBOMについて言及されています。 本セミナーでは、OSSの脆弱性やサプライチェーン攻撃にどのようなリスクがあるのか、またこういったリスクを適切に管理するためにどのような対策が必要なのかをお話します。また、SPDXなどSBOMをめぐる国際動向や、Black Duckを用いて効率的にOSSやSBOMの管理を行う方法についてもご紹介します。 主な内容 - OSSの利用の広がりと脆弱性 - サプライチェーン攻撃の例と管理の課題 - SBOMをめぐる国際動向 - Black Duckを活用したSBOM/OSS管理手法のベストプラクティス - Q&A

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (2)
On-demand talks (81)
Subscribers (3499)
シノプシスのソフトウェア インテグリティ グループは、企業の安全で高品質なソフトウェアの構築と、リスクを最小限にしつつスピードと生産性の最大化させることに貢献します。シノプシスは、アプリケーション・セキュリティのリーダーであり、静的解析、ソフトウェア・コンポジション解析、動的解析ソリューションを提供しており、独自のコード、オープンソース・コンポーネント、およびアプリケーションの動作における脆弱性や不具合を迅速に見つけて修正するためのツール、ペネトレーションテストや静的解析、動的診断サービス、セキュア開発のeラーニング提供、コンサルティングなど総合的なサービスとツールを提供しています。