金融サイバーインシデントから読み解くサプライチェーン・セキュリティの課題と米国大統領令

Logo
Presented by

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア インテグリティ グループ シニアプロダクトマーケティングマネージャ 松岡 正人

About this talk

※本セミナーは、2022年2月開催のファイナンスフォーラム「金融機関におけるサイバーセキュリティの動向と態勢整備」にて行われた講演の再放送です。 ITインフラを構成するソフトウェア・プラットフォームとアプリケーションのセキュリティの課題に対して、サプライチェーンの観点で業界や国レベルでの取り組みが加速しています。 絶えることのないサイバーインシデントを振り返りつつ、2021年5月12日のバイデン大統領によるサイバーセキュリティ対策における大統領令を中心として新たな取り組みについて、サプライチェーンから見たITの課題を振り返り、金融業界にとって検討すべき課題を明らかにします。 主な内容 ・ITインフラのソフトウェア化と脅威認識 ・ソフトウェア・サプライチェーンの課題と取り組み ・米国を中心とした産業界の取り組み

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (5)
On-demand talks (45)
Subscribers (4508)
シノプシスのソフトウェア インテグリティ グループは、企業の安全で高品質なソフトウェアの構築と、リスクを最小限にしつつスピードと生産性の最大化させることに貢献します。シノプシスは、アプリケーション・セキュリティのリーダーであり、静的解析、ソフトウェア・コンポジション解析、動的解析ソリューションを提供しており、独自のコード、オープンソース・コンポーネント、およびアプリケーションの動作における脆弱性や不具合を迅速に見つけて修正するためのツール、ペネトレーションテストや静的解析、動的診断サービス、セキュア開発のeラーニング提供、コンサルティングなど総合的なサービスとツールを提供しています。