急務なアプリケーション・セキュリティ対策に追いつかぬ人材。どのように対処すべきか?

Logo
Presented by

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア インテグリティ グループ シニア セールス エンジニア 勝岡 宣彦

About this talk

※こちらのセミナーは2022年10月にJapan Security Summitにて発表された同タイトルのセミナーと同じ内容となります。ご質問がございましたら、Ask a questionのウィンドウまたはAttachmentsタブの中のお問合せフォームのリンクからお送りください。後日担当の者より回答させていただきます。 サイバー犯罪者は、アプリケーションの脆弱性を見つけて、データ、知的財産、機密情報を盗もうとします。このようなリスクを軽減するために、アプリケーション・セキュリティ・テストによる脆弱性診断と脆弱性対策は極めて重要です。しかし組織で管理するアプリケーションの種類は増加傾向にあり、それぞれに対して高水準なセキュリティ・テストを適切なタイミングで施せるセキュリティ人材の確保・育成ができないという声をよく聞きます。 そのような状況にどう対処すべきなのでしょうか? そこで弊社のマネージドサービスを中心に、関連プロダクトを交えてソリューションを紹介します。 シノプシスのソリューションは、必要なタイミングでアプリケーション・セキュリティ・テストを実施でき、さらにバーチャル・セキュリティ・チーム(VST)を構築し、お客様のセキュリティ・テスト体制とテスト水準を底上げします。主な特徴は以下の通りです。 ・年間サブスクリプション型のマネージドサービスにより、単発のセキュリティ診断よりもセキュリティテストのトータルコストを削減できる ・サーバからモバイルのアプリケーションまで、豊富な診断メニューと診断深度の選択が可能 ・診断メニューによって、その分野のスペシャリストがアサインされる ・VSTにて専任コンサルタントがアサインされ、お客様のセキュリティチームとの強力なコラボレーションが可能
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (2)
On-demand talks (88)
Subscribers (6623)
シノプシスのソフトウェア インテグリティ グループは、企業の安全で高品質なソフトウェアの構築と、リスクを最小限にしつつスピードと生産性の最大化させることに貢献します。シノプシスは、アプリケーション・セキュリティのリーダーであり、静的解析、ソフトウェア・コンポジション解析、動的解析ソリューションを提供しており、独自のコード、オープンソース・コンポーネント、およびアプリケーションの動作における脆弱性や不具合を迅速に見つけて修正するためのツール、ペネトレーションテストや静的解析、動的診断サービス、セキュア開発のeラーニング提供、コンサルティングなど総合的なサービスとツールを提供しています。