Webアプリケーションのハッキングをどう止める?~ ハックされる理由と課題の考察と対策

Logo
Presented by

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア インテグリティ グループ シニア セールス エンジニア 中野 哲也

About this talk

※本セミナーは、2022年10月の講演の再放送となります。ご質問がございましたら、Ask a questionのウィンドウまたはAttachmentsタブの中のお問合せフォームのリンクよりお送りください。 ※「WhiteHat DAST」は、「WhiteHat Dynamic」に名称変更いたしました。ソリューション内容につきましては、セミナー中のご紹介変更から変更ございません。 多くのセキュリティ対策が施されている現在においても、サイバーアタックによる被害は増え続けています。2021年の調査によると、少なくとも50%のWebアプリケーションが、年間を通じて1つ以上の深刻な脆弱性を露出していました。この講演では、Webアプリケーションに対して侵害が減らない3つの理由と、Webアプリケーション環境をよりセキュアにするための課題を提示します。また、Webアプリケーションのセキュリティを確保するための対策や活用すべきソリューションを合わせてご紹介します。 主な内容 ・Webアプリケーションの脆弱性 ・WOE(Windows Of Exposure)の現状とその原因 ・効果的な脆弱性スキャン ・WhiteHat DASTのご紹介
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (1)
On-demand talks (91)
Subscribers (6779)
シノプシスのソフトウェア インテグリティ グループは、企業の安全で高品質なソフトウェアの構築と、リスクを最小限にしつつスピードと生産性の最大化させることに貢献します。シノプシスは、アプリケーション・セキュリティのリーダーであり、静的解析、ソフトウェア・コンポジション解析、動的解析ソリューションを提供しており、独自のコード、オープンソース・コンポーネント、およびアプリケーションの動作における脆弱性や不具合を迅速に見つけて修正するためのツール、ペネトレーションテストや静的解析、動的診断サービス、セキュア開発のeラーニング提供、コンサルティングなど総合的なサービスとツールを提供しています。