Hi [[ session.user.profile.firstName ]]

Ready for What's Next:未来の規制に備えたデータ基盤で、顧客の信頼を高める

消費者のマルチデバイス化でシームレスなパーソナライゼーションへの期待が高まる中、2018年5月欧州GDPR、2020年米国CCPA、日本でも2年以内に改正法が施行され、その他の国でも今後継続的に強化されていく流れがきています。デジタルがマーケティングの主流になっているいま、マーケティングおよびデータ部門にとってもプライバシー規制対応は急務となっています。

本ウェビナーでは、Tealium Japan ソリューションコンサルタントの吉村が、欧州系グローバル航空会社のデータアナリティクス・オンラインセールス部門などでデータプライバシー対応を多く経験し、現在 Tealium のデータプライバシープロダクトディレクターを務める Julian Llorente と Tealium プロダクトマーケティングマネージャー Jake Spencer が先日USで実施したウェビナーの Q&A セッションから、先進的な企業のベストプラクティスをご紹介しながら、マーケターやデータ部門の皆さんがいかにして関連部門と連携して今後のデータプライバシー規制に取り組み、顧客の信頼を高めるためのポイントをお話しします。(一部日本語字幕付き)

本ウェビナーでは以下の内容を学んでいただけます:
- データプライバシー規制対応の必要性
- データサプライチェーンの重要性
- Tealiumのカスタマーデータハブにおけるプライバシー規制対応機能の特長
- 顧客中心主義のデータプライバシー戦略を成功させるための組織とテクノロジー推進のベストプラクティス
- 個別の規制だけでなくこれから進化・追加されるであろう規制に備えるためのヒント
Recorded Jan 28 2021 40 mins
Your place is confirmed,
we'll send you email reminders
Presented by
プレゼンター:Tealium Japan ソリューションコンサルタント 吉村 彩
Presentation preview: Ready for What's Next:未来の規制に備えたデータ基盤で、顧客の信頼を高める

Network with like-minded attendees

  • [[ session.user.profile.displayName ]]
    Add a photo
    • [[ session.user.profile.displayName ]]
    • [[ session.user.profile.jobTitle ]]
    • [[ session.user.profile.companyName ]]
    • [[ userProfileTemplateHelper.getLocation(session.user.profile) ]]
  • [[ card.displayName ]]
    • [[ card.displayName ]]
    • [[ card.jobTitle ]]
    • [[ card.companyName ]]
    • [[ userProfileTemplateHelper.getLocation(card) ]]
  • Channel
  • Channel profile
  • 【オンデマンド・日本語字幕】Tealium + AWSで顧客データを活用する上での主要な課題を解決する方法 Recorded: Oct 4 2021 35 mins
    リサ フェアバンクス (AWSカスタマー エクスペリエンス ソリューションズ グローバルヘッド) + トラヴィス キャメロン (Tealium戦略的パートナーシップ 地域担当VP)
    米国本社が8月5日に実施したウェビナーをオンデマンド、日本語字幕付きご紹介します。
    パワフルな技術を上手に組み合わせると、貴社のブランドは他社が追従できないものになります。そこで、本ウェビナーでは、AWSのカスタマーエクスペリエンスソリューションのグローバルヘッドであるリサ フェアバンクス氏をお招きし、TealiumとAWSがどのようにしてお客様の主要な課題を解決し、顧客データの置かれたこの複雑な状況の中で繰り返されるトレンドをナビゲートすることができるかを議論します。

    以下の最新のトピックについての活発な二人の議論をお楽しみください。

    - サードパーティーCookieが無い世界でのファーストパーティデータ戦略の存在
    - データの収集と保管を強化し、リアルタイムでのアクティベーションを可能にする方法
    - データへのアクセスを改善するための技術スタックの最適化方法
  • 【金融機関様向け】動画で学ぶ、統合デジタルマーケティングの活用 Recorded: Oct 4 2021 30 mins
    Tealium Japan株式会社シニアアカウントエグゼクティブ  石垣 謙
    スマホなど顧客接点の多様化、COVID-19が加速するオンラインシフト、急速に進化するFinTechの影響を受けた日本の金融業界は、ビジネス変革が待ったなしの状況となっています。

     新しい時代を乗り切るためには、従来型の効率性優先の業務から、顧客に寄り添う観点で評価される価値を提供しつづける体制を構築する必要があります。特に以下の3つの課題に直面しています。

    【課題1】既存店舗とデジタル窓口との統合運用
    【課題2】ブラウザにおけるCookie規制強化によるマーケティング手法の見直し
    【 課題3】2020年6月に成立した改正個人情報保護法への対応

     これらの課題に対し、個別対応の愚を犯すのではなく、ティーリアムは統合デジタルマーケティング基盤の構築と運用を提案しています。

     すでに多くの世界的企業、日本企業、そして金融機関が導入・運用している統合デジタルマーケティング基盤によって、お客様の行動データが、セキュリティを保ちつつ、自動的に、常に最新の状態に更新されるようになります。
  • 顧客との価値交換のループを可能にするファーストパーティデータ戦略とは? Recorded: Sep 27 2021 39 mins
    小泉 潤一 Tealium Japan株式会社 セールスディレクター
    DX(デジタルトランスフォーメーション) が目指しているものは、業務改善・効率化のみにとどまらず、『顧客視点で新たなビジネス価値を創り出すこと』である と経産省が出しているDX推進指標とそのガイダンスの中でも言われています。つまり、CX(顧客体験)向上によるビジネス変革というのがDX推進の核となります。
    それでは、CX向上をどのように図っていけばいいのでしょうか? 本ウェビナーでは、最前線の現場で顧客のDX/CXをサポートしてきた専門家より、分かりやすく体系立ててご説明いたします。
  • Tealium Customer Data Hub ご紹介 ~最新の調査結果から見えるCDP活用の現在地 Recorded: Sep 22 2021 43 mins
    Tealium Japan株式会社 ソリューション コンサルティングマネージャー 阿部 憲幸
    今や顧客との接点はスマホやPCといったデジタルデバイスから店舗での接客、コールセンターでの対応など、様々な形で提供されています。日中はスマートフォンで色々とチェックするが、実際に購入するのは夜家に帰ってからPCでなど、スマホとPCでは全く異なった購買行動を行なっている可能性もあります。
    しかし実際にはスマホから取れるデータ、PCで取れるデータなど部分部分の断片的なデータに則って施策が行われてしまっています。
    顧客を正しく理解し一貫性のある適切なアプローチを行なっていくために、様々な接点で発生する顧客データを一元的に収集して、いわゆる360°ビューでの顧客理解を実現できるCDP(カスタマーデータプラットフォーム)の重要性はますます増しています。
    本ビデオでは、最新のレポート「State of CDP」より一部を抜粋し、コロナ禍で変化したマーケッターのニーズをご紹介いたします。そしてその新しいニーズの実現をご支援するTealiumのCustomer Data Hubをデモを交えてご説明いたします。
    デジタルマーケティングの効果にお悩みのマーケッター必見の内容です。ぜひご覧ください。

    最新のホワイトペーパーはこちらからダウンロード願います。https://tealium.com/ja/resource/whitepaper/2021-state-of-the-cdp/
  • 【オンデマンド】トランスコスモス Tealium Japan 共催オンラインセミナー 来るCookieレス時代に備える最適な顧客体験の在り方 Recorded: Sep 22 2021 57 mins
    トランスコスモス株式会社 DEC統括 アカウントエグゼクティブ総括 AE第三局 副局長 八坂 健史 Tealium Japan 株式会社 チャネルマネージャー 石本 恭久
    ~ファーストパーティデータを用いた顧客視点のデータ活用とは~
    昨年は、COVID-19の影響により日々の生活様式が大きく変化した一年でした。対面でのコミュニケーションが難しい中、企業はオンライン上でのユーザー閲覧や行動履歴といったデータを使いながら顧客理解を深め、顧客体験を向上させていくことが必要とされています。また、近年顕著に現れているCookie利用の制限により、企業内で保有しているファーストパーティデータの活用が今後のビジネスにおいて重要な課題となっています。本セミナーでは、トランスコスモスからはコロナ禍に企業に求められるユーザーコミュニケーションの対策をご紹介させていただき、TealiumからはCDP (カスタマー・データ・プラットフォーム)を用いた最適な顧客体験施策を事例を踏まえてご紹介します。
  • 【人気ウェビナー再放送】急速に進むプライバシー規制の中、CDPで実現する適切なデータ活用とは? Recorded: Sep 16 2021 58 mins
    Tealim 石本 恭久, Septeni 青木 洋
    昨年、国会において可決された「改正個人情報保護法」の施行が来年4月に迫っており、ユーザーの個人情報の取り扱いがより厳正化されることが想定されます。
    今後はユーザーにとっていかにプライバシーに配慮したマーケティングをおこなうかが重要視され、その対応はマーケターにとって避けては通れない課題となっています。
    また、コロナの影響に伴い、消費者との接点は対面から非対面へと移行され、企業のデータ活用を取り巻く環境が急速に変化しています。
    本セミナーでは、CDP(カスタマーデータプラットフォーム)を提供するTealiumから
    ユーザーのプライバシーに配慮したデータ活用施策を事例を踏まえながら紹介、デジタルマーケティングエージェンシーであるセプテーニからはデータ活用におけるTealiumとの取り組みや、セプテーニの広告・MAへのデータ活用事例および独自のソリューションを紹介いたします。

    ■第一部 Tealium
    ・プライバシー規制に準拠したデータ活用
    ・ファーストパーティデータを用いたCX向上施策


    ■第二部 セプテーニ
    ・データ環境変化に対するセプテーニの取り組み
    ・広告・MAへのデータ活用事例およびセプテーニの独自ソリューション
  • 20分でわかる最新プライバシー設定 「日本・世界のプライバシー保護法に対応したこれからのデータガバナンス」 Recorded: Sep 14 2021 24 mins
    Tealium Japan株式会社 ソリューション コンサルタント 吉村彩
    世界のプライバシー規制は変化しています。それにともない、ウェブサイトの訪問者の意識もまた変化しています。本ビデオでは、最新のプライバシー規制法を概観しつつ、Tealiumを用いてそうした規制に対応できる同意管理の実現方法をデモを交えてご説明いたします。
    なお、最新の消費者調査レポートはこちらからダウンロードしてください。 https://tealium.com/ja/resource/whitepaper/report-data-privacy-2021/
  • 20分でわかる最新プライバシー設定 「日本・世界のプライバシー保護法に対応したこれからのデータガバナンス」 Recorded: Jul 13 2021 24 mins
    Tealium Japan株式会社 ソリューション コンサルタント 吉村彩
    世界のプライバシー規制は変化しています。それにともない、ウェブサイトの訪問者の意識もまた変化しています。本ビデオでは、最新のプライバシー規制法を概観しつつ、Tealiumを用いてそうした規制に対応できる同意管理の実現方法をデモを交えてご説明いたします。
    なお、最新の消費者調査レポートはこちらからダウンロードしてください。 https://tealium.com/ja/resource/whitepaper/report-data-privacy-2021/
  • Tealium Customer Data Hub ご紹介 ~最新の調査結果から見えるCDP活用の現在地 Recorded: Jul 10 2021 43 mins
    Tealium Japan株式会社 ソリューション コンサルティングマネージャー 阿部 憲幸
    今や顧客との接点はスマホやPCといったデジタルデバイスから店舗での接客、コールセンターでの対応など、様々な形で提供されています。日中はスマートフォンで色々とチェックするが、実際に購入するのは夜家に帰ってからPCでなど、スマホとPCでは全く異なった購買行動を行なっている可能性もあります。
    しかし実際にはスマホから取れるデータ、PCで取れるデータなど部分部分の断片的なデータに則って施策が行われてしまっています。
    顧客を正しく理解し一貫性のある適切なアプローチを行なっていくために、様々な接点で発生する顧客データを一元的に収集して、いわゆる360°ビューでの顧客理解を実現できるCDP(カスタマーデータプラットフォーム)の重要性はますます増しています。
    本ビデオでは、最新のレポート「State of CDP」より一部を抜粋し、コロナ禍で変化したマーケッターのニーズをご紹介いたします。そしてその新しいニーズの実現をご支援するTealiumのCustomer Data Hubをデモを交えてご説明いたします。
    デジタルマーケティングの効果にお悩みのマーケッター必見の内容です。ぜひご覧ください。

    最新のホワイトペーパーはこちらからダウンロード願います。https://tealium.com/ja/resource/whitepaper/2021-state-of-the-cdp/
  • Tealium + AWS による Customer Experience (CX) 実現 Recorded: Jun 25 2021 28 mins
    アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 シニア事業開発マネージャー 甲谷 優
    【本セッションは、Tealium年次イベントでのセッションの再放送です】
    デジタルマーケティングはクラウドへの移行、イベントデータの爆発的増加、分析ニーズ、ツールの多様化などの環境変化に直面している。AWSレイクハウスアーキテクチャはそうした変化に対応するために用意されている。では実際に、CX最大化を実現するための単一の顧客ビュー(360゜ビュー)を提供しようとしたときに、多くのマーケター、IT部門は選択肢の多さに当惑するかもしれない。本セッションではそうした多くの企業が持つ悩みに対して、TealiumとAWSを組み合わせたアーキテクチャ例をご説明する。さらにAWS Analyticsサービスを活用した事例を紹介する。
  • マーケティングをDXするための成功パターンと体制、特徴 Recorded: Jun 25 2021 29 mins
    株式会社博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局 局長 山之口 援 部長 金子 明彦
    【本セッションは、Tealium年次イベントでのセッションの再放送です】
    Tealiumはタグマネ起点で開発されたCDP機能を持つユニークなソリューションです。普通のタグマネとの違いは、マネジメントの対象がタグだけでなく生活者のプロファイルやステータスを含んでいる点です。Tealiumはマーケティング業務をシステム側や各種実行系のツールに落とし込むための翻訳アルゴリズムです。現在、コロナの影響を受けてあらゆる領域でDXが進められている中で、Tealiumがどのように有用となるのか、DXの成功パターン、その体制や特徴を交えてご紹介します。
  • 進行中のデジタルトランスフォーメーションと、オムニチャネル構築 Recorded: Jun 25 2021 25 mins
    株式会社カインズ CRM・アナリティクス部 部長 田脇 友宏
    【本セッションは、Tealium年次イベントでの講演の再放送です】
    「カインズ」がデジタルで注目されるようになったのはここ最近です。
    データの整理・活用方法の模索など、課題をいまだ多く抱えています。課題の1つは商品(品種)の多さと、お客様の多様性です。
    目指している姿と、Tealiumをカインズがなぜ採用し、その課題解決に向けてどのように進めているかを進めていく中でのつまづきなども含めてご紹介します。
  • Digital Virtualocity Tokyo 2021 基調講演 (ノーカット版) Recorded: Jun 16 2021 36 mins
    Soleberry Advisory CEO Gabrielle Hase
    Digital Virtualocity Tokyo 2021の基調講演(ノーカット版)です。スピーカーは、Soleberry AdvisoryのCEOであるGabrielle Hase。彼女はCX企画、実行のプロフェッショナルです。本講演でも多くの海外事例を紹介しています。
    イベント当日は時間の関係でカットした内容も含んでいます。例えばEthicsの重要性を強調し、事例も紹介しています。
    当日イベントの基調講演をご覧になれなかった方はもちろん、当日ご覧された方にもお勧めいたします。
  • 積極的なCX向上とLTVの最大化を実現する、Tealiumのファーストパーティデータ戦略 Recorded: Jun 8 2021 46 mins
    小泉 潤一
    【MarkeZine Day 2021 Springでの超人気コンテンツ復活!】

    急激なデジタルシフトにより消費者の購買行動も大きく変化する中、企業にとってはいかにして「良質なCX(顧客体験)をあらゆる顧客接点において提供できるのか」が今後益々重要な課題となってきます。顧客を個客と捉え、個々が望ましいと感じる体験を提供し、同意と信頼を得てさらに上質なCXを創出しLTVを最大化する、このサイクルをどうやって生み出していけるのか?本セミナーでは、その実現の鍵となるCDPによるファーストパーティデータ戦略、及びその活用方法について事例を交えてお話しします。
  • Tealium 活用事例のご紹介 地銀におけるカスタマーエクスペリエンス(顧客体験) 向上の取り組み Recorded: Apr 20 2021 15 mins
    千葉興業銀行 営業企画部 チャネル企画室 副調査役 田中 啓亮
    100名を超える金融機関の方が視聴した、千葉興業銀行によるCX向上の取り組み。金融機関に所属する方、CXに取り組む方必見のビデオです。
  • 積極的なCX向上とLTVの最大化を実現する、Tealiumのファーストパーティデータ戦略 Recorded: Apr 16 2021 45 mins
    小泉 潤一
    【MarkeZine Day 2021 Springでの超人気コンテンツ復活!】

    急激なデジタルシフトにより消費者の購買行動も大きく変化する中、企業にとってはいかにして「良質なCX(顧客体験)をあらゆる顧客接点において提供できるのか」が今後益々重要な課題となってきます。顧客を個客と捉え、個々が望ましいと感じる体験を提供し、同意と信頼を得てさらに上質なCXを創出しLTVを最大化する、このサイクルをどうやって生み出していけるのか?本セミナーでは、その実現の鍵となるCDPによるファーストパーティデータ戦略、及びその活用方法について事例を交えてお話しします。
  • Ready for What's Next:未来の規制に備えたデータ基盤で、顧客の信頼を高める Recorded: Mar 3 2021 40 mins
    プレゼンター:Tealium Japan ソリューションコンサルタント 吉村 彩
    消費者のマルチデバイス化でシームレスなパーソナライゼーションへの期待が高まる中、2018年5月欧州GDPR、2020年米国CCPA、日本でも2年以内に改正法が施行され、その他の国でも今後継続的に強化されていく流れがきています。デジタルがマーケティングの主流になっているいま、マーケティングおよびデータ部門にとってもプライバシー規制対応は急務となっています。

    本ウェビナーでは、Tealium Japan ソリューションコンサルタントの吉村が、欧州系グローバル航空会社のデータアナリティクス・オンラインセールス部門などでデータプライバシー対応を多く経験し、現在 Tealium のデータプライバシープロダクトディレクターを務める Julian Llorente と Tealium プロダクトマーケティングマネージャー Jake Spencer が先日USで実施したウェビナーの Q&A セッションから、先進的な企業のベストプラクティスをご紹介しながら、マーケターやデータ部門の皆さんがいかにして関連部門と連携して今後のデータプライバシー規制に取り組み、顧客の信頼を高めるためのポイントをお話しします。(一部日本語字幕付き)

    本ウェビナーでは以下の内容を学んでいただけます:
    - データプライバシー規制対応の必要性
    - データサプライチェーンの重要性
    - Tealiumのカスタマーデータハブにおけるプライバシー規制対応機能の特長
    - 顧客中心主義のデータプライバシー戦略を成功させるための組織とテクノロジー推進のベストプラクティス
    - 個別の規制だけでなくこれから進化・追加されるであろう規制に備えるためのヒント
  • 個客の重要なモーメントを予測する「Tealium Predict ML」ご紹介ウェビナー Recorded: Feb 3 2021 47 mins
    Tealium Japan シニア ソリューション コンサルタント 阿部 憲幸
    昨今企業でのAIや機械学習導入が増える中、多くのプロジェクトが道半ばで頓挫してしまっているという統計データがあります。その理由として、データのサイロ化や事前準備のデータ整備の手間、事後のデータ活用向けた連携に時間がかるといった問題があります。

    Tealium では、7月1日より当社CDPに搭載された機械学習機能「Tealium Predct ML」を一般提供開始いたしました。

    本ウェビナーでは、機械学習導入の課題に触れ、それに対してTealium Predict MLがどのように解決でき、企業のデータ活用を加速できるのか、デモと事例を交えて解説します。
  • Ready for What's Next:未来の規制に備えたデータ基盤で、顧客の信頼を高める Recorded: Jan 28 2021 40 mins
    プレゼンター:Tealium Japan ソリューションコンサルタント 吉村 彩
    消費者のマルチデバイス化でシームレスなパーソナライゼーションへの期待が高まる中、2018年5月欧州GDPR、2020年米国CCPA、日本でも2年以内に改正法が施行され、その他の国でも今後継続的に強化されていく流れがきています。デジタルがマーケティングの主流になっているいま、マーケティングおよびデータ部門にとってもプライバシー規制対応は急務となっています。

    本ウェビナーでは、Tealium Japan ソリューションコンサルタントの吉村が、欧州系グローバル航空会社のデータアナリティクス・オンラインセールス部門などでデータプライバシー対応を多く経験し、現在 Tealium のデータプライバシープロダクトディレクターを務める Julian Llorente と Tealium プロダクトマーケティングマネージャー Jake Spencer が先日USで実施したウェビナーの Q&A セッションから、先進的な企業のベストプラクティスをご紹介しながら、マーケターやデータ部門の皆さんがいかにして関連部門と連携して今後のデータプライバシー規制に取り組み、顧客の信頼を高めるためのポイントをお話しします。(一部日本語字幕付き)

    本ウェビナーでは以下の内容を学んでいただけます:
    - データプライバシー規制対応の必要性
    - データサプライチェーンの重要性
    - Tealiumのカスタマーデータハブにおけるプライバシー規制対応機能の特長
    - 顧客中心主義のデータプライバシー戦略を成功させるための組織とテクノロジー推進のベストプラクティス
    - 個別の規制だけでなくこれから進化・追加されるであろう規制に備えるためのヒント
  • 個客の重要なモーメントを予測する「Tealium Predict ML」ご紹介ウェビナー Recorded: Nov 25 2020 47 mins
    Tealium Japan シニア ソリューション コンサルタント 阿部 憲幸
    昨今企業でのAIや機械学習導入が増える中、多くのプロジェクトが道半ばで頓挫してしまっているという統計データがあります。その理由として、データのサイロ化や事前準備のデータ整備の手間、事後のデータ活用向けた連携に時間がかるといった問題があります。

    Tealium では、7月1日より当社CDPに搭載された機械学習機能「Tealium Predct ML」を一般提供開始いたしました。

    本ウェビナーでは、機械学習導入の課題に触れ、それに対してTealium Predict MLがどのように解決でき、企業のデータ活用を加速できるのか、デモと事例を交えて解説します。
Tealium Japanウェビナーサイト
Tealium Japan株式会社によるBrightTALK公式チャネル

Embed in website or blog

Successfully added emails: 0
Remove all
  • Title: Ready for What's Next:未来の規制に備えたデータ基盤で、顧客の信頼を高める
  • Live at: Jan 28 2021 4:00 am
  • Presented by: プレゼンター:Tealium Japan ソリューションコンサルタント 吉村 彩
  • From:
Your email has been sent.
or close