クラウド隣接によるデジタル時代の新たな可能性の開拓方法 (日本語)

Logo
Presented by

橋野薫(事業開発、日本オラクル) | 井原健(グローバル・ソリューションズ・アーキテクト、エクイニクス)

About this talk

IDCによると、2023年までに、80%の企業がIoTエッジで様々なレベルのデータ処理を行います。そのために、組織は2022年までにIoTエッジインフラストラクチャに62億ドル以上を支出すると予想されています。 このセッションでは、エクイニクスとOracle社の専門家が以下のトピックについてディスカッションします。 - 今後の2年間でどのようにアプリケーション相互依存性が劇的に向上し、その結果として統合とオーケストレーションの必要性が高まるか - エッジロケーションの展開にマルチロケーションのハイブリッドデータアーキテクチャが必要とされる理由 - クラウドに隣接するアーキテクチャを構築するための5つのステップ 本セッションのプレゼンター: - 井原健(グローバル・ソリューションズ・アーキテクト、エクイニクス) - 橋野薫(事業開発、日本オラクル)

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (0)
On-demand talks (63)
Subscribers (5442)
Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX) connects the world's leading businesses to their customers, employees and partners inside the most-interconnected data centers across over 50 metros worldwide.