[CTO Webinarシリーズ] 攻撃者にスキを与えない!全方位の対策をシンプルに実現していくためには?

Logo
Presented by

ラピッドセブン・ジャパン株式会社 最高技術責任者/CTO 古川勝也

About this talk

クラウド化の促進や働き方の多様化は、攻撃者が付け入る隙(攻撃可能領域/Attack Surface) の拡張要因ともなっています。 また、巧妙化する一方の攻撃者の、新たな攻撃手法に備えるために、新たなセキュリティツールを導入したり、組織改革を行なっている企業や組織も多いでしょう。 複雑化する一方の攻撃環境と対策。 どのようにすれば効率的かつ効果的な保護が実現できるのでしょうか? より安全な環境を、と思ってとったアクションが逆効果になることもあるのでしょうか? 本セッションでは、ラピッドセブン・ジャパン株式会社の最高技術責任者/CTOである古川勝也が、攻撃可能領域を最小限化するために必要なこと、その管理についての最適解を説明します。 ※登録時、動画の長さが1分程度になっていますが、実際は30分程度を予定しています
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (1)
On-demand talks (31)
Subscribers (697)
Rapid7は、各種セキュリティツールと、それを運用するマネージドサービスの提供を通じて、お客様のセキュリティ環境の強化をお手伝いするベンダーです。 攻撃のきっかけともなる脆弱性対策から、ダークウェブ等外部でやり取りされるお客様に関する情報を検知する脅威インテリジェンスまで、幅広い角度からお客様を守ります。 さらに、仮想的にお客様のセキュリティチームの一員となり、それらの運用を代行することで、お客様のセキュリティ管理の工数や負担を軽減します。