Rapid7 時事放談:セキュリティ運用課題の今と未来を語り合う

Logo
Presented by

ラピッドセブン・ジャパン株式会社 CTO 古川勝也

About this talk

時事放談:人に起こった救急事態の対応に学ぶ、インシデントレスポンス自動対応の重要性 インシデント発生時において、最も重要なのが「早期発見早期対応」です。誰もがわかっていつつ、それがなかなか実行できない理由の一つに、対応したくてもできないという現実があるのではないでしょうか? この度ラピッドセブン・ジャパンは、アスタリスク・リサーチ社代表であり、OWASPのJapanチャプターリーダーでもある、岡田良太郎氏をお招きし、ラピッドセブン・ジャパンCTO、古川勝也との対談を実施しました。旧知の間柄である両氏による対談は非常に快活に進み、会場にも笑いが溢れて(?)いました。 本セッションでは、岡田氏の身に実際に起こった緊急事故とその対応を例に、侵害の早期発見早期対応の自動化についての重要さについてのディスカッションをはじめ、「最近日本で発生したインシデントに見られる傾向」や「一つの方策に依存することの危険性」など、多様な話題に及んでいます。 ※本セッションは、2023年7月に実施したラピッドセブン・ジャパン「ユーザーフォーラム」の講演の様子を録画したものです。
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (0)
On-demand talks (29)
Subscribers (664)
Rapid7は、各種セキュリティツールと、それを運用するマネージドサービスの提供を通じて、お客様のセキュリティ環境の強化をお手伝いするベンダーです。 攻撃のきっかけともなる脆弱性対策から、ダークウェブ等外部でやり取りされるお客様に関する情報を検知する脅威インテリジェンスまで、幅広い角度からお客様を守ります。 さらに、仮想的にお客様のセキュリティチームの一員となり、それらの運用を代行することで、お客様のセキュリティ管理の工数や負担を軽減します。