具体的ユースケースで紐解くデジタル・リスク・プロテクションの価値 〜攻撃リスクをあぶり出し、サイバー侵害を未然に防ぐ新たなアプローチとは?〜

Logo
Presented by

マンディアント株式会社 エンタープライズ営業本部 ソリューション・セールス・スペシャリスト  齊藤 浩一 / マンディアント株式会社 ソリューション・アーキテクト 桐谷 彰一

About this talk

ビジネスのグローバル化やサプライチェーンの複雑化、さらにはDXの推進やクラウドシフトの加速など、企業・組織のIT環境は拡大し続けています。攻撃のリスクとなり得る脆弱性を常に監視・把握し、侵害の兆候を早期に発見して迅速に対処することの重要性が高まる中、Mandiantは、外部公開アセットを可視化・把握して攻撃経路となり得るリスクをあぶり出し、ディープWebやダークWebなどにおける悪意のある活動を監視し、それらを脅威インテリジェンスと組み合わせて活用することで、侵害による被害を未然に防ぐよう支援する「デジタル・リスク・プロテクション」ソリューションを発表しました。 本Webセミナーでは、サイバー防御の現場で想定される具体的なユースケースに沿って、新しいコンセプトであるデジタル・リスク・プロテクションが提供する価値についてご紹介します。
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (0)
On-demand talks (31)
Subscribers (1229)
Mandiantは、年間1000件以上もの侵害対応実績と比類なきインテリジェンスを軸に、世界中の企業・組織のサイバー防御態勢強化を支援しています。本Webセミナーチャネルでは、脅威動向から具体的な対策のためのヒント、ソリューションまで、サイバー脅威からの防御と対応に役立つさまざまなトピックスのWebセミナーをお届けします。 |Mandiantは現在、Google Cloudの一部です。|*MandiantのWebセミナーは、企業・組織のサイバーセキュリティ対策に関わるみなさまを対象としています |*勤務先のメールアドレスなど、ご登録の際には勤務先の情報をご入力ください |*Mandiantの競合と見なされる方、個人の方の登録・視聴はご遠慮ください。