APT43 : 北朝鮮政権とつながる 大規模なサイバー攻撃活動に関する考察

Logo
Presented by

マンディアント インテリジェンス プリンシパル アナリスト 千田 展也

About this talk

Mandiantは、2018年からの追跡・観測の結果、高度な攻撃グループ「APT43」について、北朝鮮の政権の利益を支援する中程度の洗練されたサイバーオペレーターであると高い信頼性をもって評価しています。同グループが外交政策と核安全保障の問題に焦点を当てていることは、北朝鮮の戦略と核開発への強い関心を支援しています。 本Webセミナーでは、Mandiantが発表したしたAPT43に関する新たなレポートの内容を踏まえ、以下の詳細についてご説明します。 - APT43が使用するツールキットと、その活動を特徴づけるテクニック - APT43の活動を特徴づける独自のターゲティング活動 - APT43が北朝鮮のサイバー能力にどう位置づけられるか?また、他のグループとの関係は?
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (0)
On-demand talks (31)
Subscribers (1219)
Mandiantは、年間1000件以上もの侵害対応実績と比類なきインテリジェンスを軸に、世界中の企業・組織のサイバー防御態勢強化を支援しています。本Webセミナーチャネルでは、脅威動向から具体的な対策のためのヒント、ソリューションまで、サイバー脅威からの防御と対応に役立つさまざまなトピックスのWebセミナーをお届けします。 |Mandiantは現在、Google Cloudの一部です。|*MandiantのWebセミナーは、企業・組織のサイバーセキュリティ対策に関わるみなさまを対象としています |*勤務先のメールアドレスなど、ご登録の際には勤務先の情報をご入力ください |*Mandiantの競合と見なされる方、個人の方の登録・視聴はご遠慮ください。