攻撃者にスキを与えないための アタックサーフェス管理と実践のヒント

Logo
Presented by

グーグル・クラウド・ジャパン マンディアント事業本部 ソリューション・アーキテクト 桐谷 彰一 |グーグル・クラウド・ジャパン マンディアント& グーグル・クラウド・セキュリティ マーケティング 橋村 抄恵子

About this talk

先日公開されたMandiantの年次レポート「M-Trends 2023」では、ここ数年間に渡ってもっとも多く観測されているサイバー攻撃の初期侵入経路はエクスプロイト、つまり脆弱性の悪用であったと報告されています。こうした中、国内では経済産業省によって導入ガイダンスが公開されるなど、ASM(Attack Surface Management)への要求が高まっています。 ※参考:ASM(Attack Surface Management)導入ガイダンス 〜外部から把握出来る情報を用いて自組織のIT資産を発券し管理する」(経済産業省) https://www.meti.go.jp/press/2023/05/20230529001/20230529001.html 本Webセミナーでは、ASMが求められる背景を改めて整理するとともに、検討・導入のポイントや考慮すべき留意点について、ASM導入ガイダンスの内容や実際のお客様におけるユースケースなども紐解きながら解説します。攻撃者に先んじてプロアクティブな対策を行っていくための新たなアプローチについてわかりやすくご紹介します。ぜひご参加ください。 ・ASMが必要な背景 ・Mandiantが考えるASMの価値 ・ASM導入の成否を決める脅威インテリジェンスの意味 ・賢いASM導入のための検討ポイント ・2つの軸で取り組むサイバー防御の考え方
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (0)
On-demand talks (31)
Subscribers (1220)
Mandiantは、年間1000件以上もの侵害対応実績と比類なきインテリジェンスを軸に、世界中の企業・組織のサイバー防御態勢強化を支援しています。本Webセミナーチャネルでは、脅威動向から具体的な対策のためのヒント、ソリューションまで、サイバー脅威からの防御と対応に役立つさまざまなトピックスのWebセミナーをお届けします。 |Mandiantは現在、Google Cloudの一部です。|*MandiantのWebセミナーは、企業・組織のサイバーセキュリティ対策に関わるみなさまを対象としています |*勤務先のメールアドレスなど、ご登録の際には勤務先の情報をご入力ください |*Mandiantの競合と見なされる方、個人の方の登録・視聴はご遠慮ください。