自動車業界における影響力を増すサーキュラーエコノミー

Presented by

本多 正樹, フロスト・アンド・サリバン, APACモビリティ部門、ヴァイスプレジデント

About this talk

使用済み自動車 (ELVs) は年間700万~800万トンの廃棄物を発生させ、これが環境汚染の一因となっています。 加えて、生産に必要な未使用材料への継続依存が、環境に計り知れない負担をかけており、サプライチェーンを持続不可能にしています。 さらに、各国政府がますます厳しい環境規制を通過させているため、自動車メーカーは二酸化炭素排出量削減の方法を模索しています。 サーキュラーエコノミーの実践を採用することで、製造業者は二酸化炭素排出量を削減し、サプライチェーンを持続可能にし、コストを削減することができます。 今回のセッションでは、以下について学びたいと思います。 - サーキュラーエコノミーとは、またそのベネフィットは何か? - 自動車産業における主要なサーキュラーエコノミーのテーマは何か? - 主要プレーヤーはどのようにサーキュラーエコノミーの実践を採用しているか? - 自動車産業のサーキュラーエコノミーにおける主要トレンドにはどのようなものがあるか? - 自動車における環境に優しい材料にはどのようなものがあるか?

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (1)
On-demand talks (40)
Subscribers (18681)
Our Mobility team provides global market analysis and thought leadership to identify and execute on key growth opportunities. Our expert analysts identify top mega trends impacting the market and build innovative business models in the practice areas of two-wheeler mobility, off-highway vehicles and passenger vehicles. Our team interacts with the full portfolio of mobility solutions to provide growth consulting in your industry.