テクノロジーがもたらすスマート農業化の未来と変革

Logo
Presented by

杉原 孝志 フロスト・アンド・サリバン・ジャパン 成長機会戦略ディレクター, 豊田正範 教授 香川大学農学部応用生物科学科, 藤川智紀 教授 東京農業大学地域環境科学部

About this talk

「サステナビリティ」は世界経済が直面している課題であり、人口の減少が進む日本にとっては、より深刻な課題になっています。農業の分野においては、食料自給の既存の課題に加えて、若い世代は職業としての農業に興味が薄れつつあります。日本は農業の生産性と質を向上させるために、より先進的な農業を普及させ、点滴灌漑などのIoTと自動化ベースのスマート農業技術を採用する必要があります。国の政策もまた、食料自給を達成するために主要な役割を果たしています。 今回、パートナー企業としてスマート農業の普及を促進するイスラエル発アグリテック企業「ネタフィム」に参加いただきます。フロスト&サリバンはネタフィムのサポートを得て、テクノロジーとともに進化する「農業」に焦点を当て、ウェビナーを通してサステナビリティの先にある未来像を描いていきます。ぜひ、ご参加ください! 登録者先着60名に素敵なギフトボックスをプレゼントします! 【主なテーマ】 • スマート農業の普及 • 農業の生産性と質の向上に必要な要素 • 食料自給を改善するための国家政策と傾向 • 点滴灌漑農業手法の導入

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (0)
On-demand talks (38)
Subscribers (33953)
Frost & Sullivan’s emerging market experts and economic research and analysis teams are partnering with clients to help provide the navigational tools to chart out a portfolio of growth opportunities in emerging markets. Navigating risks, while capitalizing on the opportunities is the essential value proposition of the Emerging Markets Innovation program.