2050年を見据えた日本の再生可能エネルギーの再定義化

Presented by

エミリー・ジョーンズ (フロスト・アンド・サリバン・ジャパン), ダン・シュルマン (シュルマン・アドバイザリー合同会社), 高尾 康太 (自然電力株式会社 )

About this talk

本ウェビナーでは、国内のエネルギーマーケットのトレンドや動向について、最新の情報をもとに多面的にご紹介します。 日本の電力市場における海外企業との提携や買収について、グローバル規模で加速する脱炭素化に関連する様々なビジネスモデル、国内のケーススタディ等を学んで頂く事ができる充実した内容となっております。 また、2050年のカーボンニュートラルの目標に向けた今後の重要マーケットとして注目されるエネルギー分野の変革と展望を解き明かします。 主なテーマ ・世界のエネルギー/持続可能性セクターの動向の概要 ・2050年までに水素燃料を増やすことを検討している経済産業省の新エネルギー計画について ・発電から電力の消費に至るまでのバリューチェーン全体のビジネスチャンスについて ・ベンチャーキャピタル投資における規制緩和と国内外のエネルギーテック企業との協業の可能性について ・多様化するニーズと「Post-FIT」時代に求められる再エネソリューションについて

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (1)
On-demand talks (1)
Subscribers (3588)
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。 新たな分野でのビジネスの成長支援に特化したフロスト&サリバンのサービスは、世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80ヵ国と300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅しています。これにより、企業のビジネス環境を取り巻くメガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための基盤となる360度の視点に基づいた知見を提供します。 1961年の創立から培った過去60年にわたる実績に基づき、フロスト&サリバンは企業の成長パートナーとして、ビジネス成長加速とビジョンの実現を可能にします。