自動車業界における影響力を増すサーキュラーエコノミー

Presented by

本多 正樹, フロスト・アンド・サリバン, APACモビリティ部門、ヴァイスプレジデント

About this talk

使用済み自動車 (ELVs) は年間700万~800万トンの廃棄物を発生させ、これが環境汚染の一因となっています。 加えて、生産に必要な未使用材料への継続依存が、環境に計り知れない負担をかけており、サプライチェーンを持続不可能にしています。 さらに、各国政府がますます厳しい環境規制を通過させているため、自動車メーカーは二酸化炭素排出量削減の方法を模索しています。 サーキュラーエコノミーの実践を採用することで、製造業者は二酸化炭素排出量を削減し、サプライチェーンを持続可能にし、コストを削減することができます。 今回のセッションでは、以下について学びたいと思います。 - サーキュラーエコノミーとは、またそのベネフィットは何か? - 自動車産業における主要なサーキュラーエコノミーのテーマは何か? - 主要プレーヤーはどのようにサーキュラーエコノミーの実践を採用しているか? - 自動車産業のサーキュラーエコノミーにおける主要トレンドにはどのようなものがあるか? - 自動車における環境に優しい材料にはどのようなものがあるか?
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (0)
On-demand talks (26)
Subscribers (4240)
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。 新たな分野でのビジネスの成長支援に特化したフロスト&サリバンのサービスは、世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80ヵ国と300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅しています。これにより、企業のビジネス環境を取り巻くメガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための基盤となる360度の視点に基づいた知見を提供します。 1961年の創立から培った過去60年にわたる実績に基づき、フロスト&サリバンは企業の成長パートナーとして、ビジネス成長加速とビジョンの実現を可能にします。