「グローバルのシェアモビリティ市場のトレンド2022」

Presented by

本多正樹 (フロスト&サリバンAPAC モビリティ部門バイスプレジデント)

About this talk

【言語】 日本語によるプレゼンテーション 【参加登録】 無料 COVID-19のパンデミックの結果、移動の在り方は大きく変化しました。モビリティサービスの需要も変化しています。職場への公共交通機関を利用した移動は、依然としてパンデミック前と比較し15%下回っています。一方で、買い物や公園、スーパーマーケットなどへの外出は10%以上増加しています。 自家用車の使用やシェアモビリティの特定のモードも増加しています。現在、いくつかの都市では、特に自家用車に追加の道路税が課されています。たとえば、英国では、特にガソリン車に対して、車両消費税を引き上げています(税額は、車両から排出される排気量によって異なります)。これにより、シェアモビリティ市場の成長が促進されると期待しています。 調査レポートにつき、フロスト&サリバンの新モビリティ部門プログラムマネージャー Geraldine Priyaは、次のように述べています。  「2022年末までにシェアモビリティ市場には1兆ドルを超える大きな未開拓の機会があります。フロスト&サリバンは、すべてのシェアモビリティセグメントが今年末までに完全に回復すると予想しています。シェアモビリティ事業者は、企業が今後のIPOに備える際に、評価を高めるための資金を求め続けることが予想されます。デマンド交通とマイクロモビリティシェアリングは、今年最も人気のあるセグメントになると予想されています。同様に、自動運転シェアモビリティは、2022年に、商業的実装へこれまで以上に近づいています。 2022年は、資金調達、技術革新、規制当局の承認の観点から重要な年になることでしょう」。 本「シンクタンク」では、以下のトピックについてご紹介いたします。 ・グローバルのシェアモビリティ市場のセクターごと、地域ごとの概要 ・グローバルシェアモビリティ市場のトレンド ・セグメントの詳細 ・地域の詳細

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (0)
On-demand talks (24)
Subscribers (4052)
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。 新たな分野でのビジネスの成長支援に特化したフロスト&サリバンのサービスは、世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80ヵ国と300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅しています。これにより、企業のビジネス環境を取り巻くメガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための基盤となる360度の視点に基づいた知見を提供します。 1961年の創立から培った過去60年にわたる実績に基づき、フロスト&サリバンは企業の成長パートナーとして、ビジネス成長加速とビジョンの実現を可能にします。