Corning®バイオプロセスの最新培養技術とシングルユース技術導入ポイントセミナー

Logo
Presented by

コーニングインターナショナル株式会社  ライサイエンス事業部 石渡 孝至

About this talk

バイオロジクスの大量培養を具現化に向け、幹細胞、癌細胞、タンパク発現系細胞の基礎的培養技術を示しながら、弊社のシングルユース品質規格(ISO / GMP / QMS)について概説します。 <セミナーのポイント> 細胞治療・遺伝子治療を中心にバイオプロセス開発が急速に進められております。幹細胞、癌細胞や標的タンパクを発現する細胞による再生医療・遺伝子治療を具現化する際に、最も大きな懸案事項となりますのが質、量そしてコストの問題があります。 そこでコーニングは、安全、安価かつ簡便な最新シングルユース技術についてレギュレーション、導入事例によるマーケットトレンドを示しながら、セルカルチャー(可溶性マイクロキャリア、撹拌・振盪容器、多段型培養容器)、閉鎖系チュービング(プレアッセンブル、無菌接続)、パッケージング(回収 / セルバンク)、データインテグリティ(バーコードによるトレーサビリティ管理)、品質規格(成型施設環境、BSE/TSE、発熱物質(Pyrogen)、USPクラスⅥ原料樹脂規格 / 滅菌保証レベル / エンドトキシン規格 / QC試験)および品質に関するドキュメンテーションサポート(バリデーションガイド)に関する情報を概説します。
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (2)
On-demand talks (193)
Subscribers (21908)
The Corning Scientific Seminar Series is a series of free, online technical presentations that provide novel tips, best practices and proven techniques to help advance your research. Delivered by scientists to scientists, these one-hour broadcasts offer useful information and tips for lab technicians and researchers.