がんオルガノイドを用いた抗がん剤の評価

Logo
Presented by

公立大学法人 福島県立医科大学 ふくしま国際医療科学センター  医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター セルファクトリー部門 教授 高木 基樹 先生

About this talk

がん組織より樹立した長期培養が可能な「がんオルガノイド(F-PDO®)」と「がん細胞株」とのゲノム、遺伝子発現、形態等の違い、がんオルガノイドの培養やアッセイ系構築の難しさ、がん細胞株(平面培養)との抗がん剤の感受性の違いなどについて紹介致します。 <セミナーのポイント> ① がんオルガノイドの樹立と培養 ② がんオルガノイドの特徴 ③ がんオルガノイドを用いたアッセイ系構築のポイント ④ がんオルガノイドとがん細胞株の抗がん剤感受性の相違

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (2)
On-demand talks (163)
Subscribers (18313)
The Corning Scientific Seminar Series is a series of free, online technical presentations that provide novel tips, best practices and proven techniques to help advance your research. Delivered by scientists to scientists, these one-hour broadcasts offer useful information and tips for lab technicians and researchers.