多細胞系からなるiPS細胞由来ヒト肝臓オルガノイドを用いた脂肪性肝炎モデリング

Presented by

東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 創生医学コンソーシアム臓器発生・創生ユニット 特任研究員 大内 梨江先生

About this talk

本セミナーでは、世界に先駆けて開発した免疫系細胞を含む複数種類の細胞で構成されたiPS細胞由来ヒト肝臓オルガノイドの作製方法について解説します。さらに、本オルガノイドを用いて脂肪性肝炎を試験管内で再現した病態モデルの構築手法及び当モデルの活用例について紹介します。

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (1)
On-demand talks (151)
Subscribers (17206)
The Corning Scientific Seminar Series is a series of free, online technical presentations that provide novel tips, best practices and proven techniques to help advance your research. Delivered by scientists to scientists, these one-hour broadcasts offer useful information and tips for lab technicians and researchers.