中国国債投資のアウトルックと市場アクセス – ETF投資のメリットについて

Logo
Presented by

FTSE Russell、CSOPアセットマネジメント、シンガポール取引所

About this talk

中国は世界第2位の債券市場であり、国際投資家による中国債券市場への投資需要は増え続けています。 2020年9月21日には、資産運用会社CSOPアセットマネジメントによって、FTSE Russellの中国国債インデックスを参照する画期的なETFがシンガポール取引所(SGX)に上場されています。 本ETFは、FTSE Russellがシンガポール取引所との間で、アジアおよび新興市場の単一国および地域の株式デリバティブ、ならびにETF商品で幅広いインデックスデリバティブを共同開発する長期的な戦略的パートナーシップを発表した後、最初に上場されたETFです。 中国の債券市場と画期的な上場ETFについてご紹介する当オンラインセミナーに是非ご参加ください。 CSOPアセットマネジメント、シンガポール取引所(SGX)、およびFTSE Russellの専門家が、以下の議題についてお話しいたします。 ● 開会のご挨拶 – FTSE Russell日本代表 多湖理 ● 世界国債インデックス採用決定後の中国国債市場の進展と展望 – FTSE Russell リレーションシップ・マネジメント シニア・ディレクター 売野隆一 ● 中国国債投資への道標– CSOPアセットマネジメント 日本オフィス代表 Mandy, Fan Liang ● シンガポール取引所経由での中国債券市場アクセス – シンガポール取引所 東京事務所 Associate Director 興津宏 ● Q&A ● 閉会のご挨拶 – シンガポール取引所 東京事務所代表 與利博

Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (8)
On-demand talks (275)
Subscribers (35445)
FTSE Russell is a leading global provider of benchmarking, analytics and data solutions for investors, giving them a precise view of the market relevant to their investment process. A comprehensive range of reliable and accurate indexes provides investors worldwide with the tools they require to measure and benchmark markets across asset classes, styles or strategies.