日本におけるネットゼロ・カーボンニュートラルへの道筋

Logo
Presented by

高崎経済大学、CDP Worldwide、野村アセットマネジメント、JPX総研、FTSE Russell

About this talk

2022年4月21日、JPX総研とFTSE Russellは共同で、EUの気候移行ベンチマークの基準 (EU CTB)とFTSE及びTPI*の気候評価を使って、ベースとなるTOPIX500のウェートを調整し2050年ネットゼロを目指す「FTSE JPXネットゼロ・ジャパン インデックス シリーズ」の算出を開始しました。 2050年ネットゼロ・カーボンニュートラル実現のための、気候移行における日本企業の課題と、炭素排出量を踏まえた長期的な投資について、様々な立場の有識者を招いて、その取組みを紹介するとともにソリューションを議論いたします。 本ウェビナーは約75分で、議題は以下を予定しています。 • 主催者挨拶 10分 JPX総研 執行役員 高橋直也 • 特別講演 10分 「持続可能な社会の実現に向けた我が国企業・金融機関への期待」 高崎経済大学 学長 水口 剛 様 • 講演 10分 「ネットゼロ社会に向けた指数会社の取組みについて」 FTSE Russellサステナブル投資部門 日本代表 森 敦仁 • パネルディスカッション 45分 「日本におけるネットゼロ・カーボンニュートラルへの道筋」 パネリスト • CDP Worldwide – Japan アソシエイトディレクター 高瀬 香絵様 • 野村アセットマネジメント 責任投資調査部 シニアESGスペシャリスト 山我 哲平様 • JPX総研 インデックスビジネス部 総務企画・開発グループ課長 飯塚 賢 モデレーター: FTSE Russellサステナブル投資部門 日本代表 森 敦仁 • Q&A
Related topics:

More from this channel

Upcoming talks (25)
On-demand talks (400)
Subscribers (46294)
FTSE Russell is a leading global provider of index and benchmark solutions, spanning diverse asset classes and investment objectives. As a trusted investment partner we help investors make better-informed investment decisions, manage risk, and seize opportunities. Market participants look to us for our expertise in developing and managing global index solutions across asset classes. Asset owners, asset managers, ETF providers and investment banks choose FTSE Russell solutions to benchmark their investment performance and create investment funds, ETFs, structured products, and index-based derivatives. Our clients use our solutions for asset allocation, investment strategy analysis and risk management, and value us for our robust governance process and operational integrity. For over 35 years we have been at the forefront of driving change for the investor, always innovating to shape the next generation of benchmarks and investment solutions that open up new opportunities for the global investment community.